学校長挨拶

学生が心からこの学校に入ってよかったと思うような「面倒見のよい学校」
を目指し、全教職員一丸となって教育に当たる所存であります。

学校法人藍野学院 理事長 滋賀医療技術専門学校 学校長   小 山 英 夫

滋賀医療技術専門学校は、平成8年に4年制の専門学校として設立し、平成21年の3年制への改組を経て、これまで900人近い卒業生を輩出して参りました。また、本校出身の多くの理学療法士・作業療法士が地元である滋賀県を中心に全国各地で活躍しております。

本校は設置母体である学校法人藍野大学が掲げる教育理念及びミッション・ステートメントに基づき、確たる技術を持ち、心の通った医療人を地域に輩出することを目標としています。確かな学力と豊かな人間性の涵養に努め、地域に信頼され地域に貢献する人材育成に向けて、教育内容の一層の充実に努めて参りたいと考えています。

また、私は「確かな成長」をモットーとしております。人間には本来、数字のみでは表せない本質的な能力が備わっています。その能力に対する自覚を促し、やる気を引き出し、「確かな成長」へと導くことが、本校の果たすべき役割だと考えています。

学生一人ひとりと真摯に向き合い、学生が心からこの学校に入ってよかったと思うような「面倒見のよい学校」を目指し、全教職員一丸となって教育に当たる所存であります。

よりよい未来を切り拓けるのは、若い力を持った皆さんです。滋賀医療技術専門学校は皆さんの「夢の実現」を全力で応援します。

PAGE TOP